スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

響きあう令和

JUGEMテーマ:コラム

 

 

元号の発表があって ひと月が過ぎ

 

 

 

平成から令和へとうつりましたね。。。。

 

 

発表の直後は どのような案があったか 発案者は誰か

 

といったことが取りざたされていましたが

 

 

 

 

うちも 家人は いろいろと意見があったようで

 

 

世の皆様も 受けとめかたはさまざま だったとおもいます

 

 

個人的には私

 

令和っていいなあと

 

 

特に予測とかはしなかったですけど 何故か一瞬

 

 

ある文字というか

 

ヴィジョンみたいなものが浮かんだのです

 

 

 

そのものではなかったものの

 

 

光景 もしくは 風景が

 

 

あらたな元号の意味合いに近かった

 

 

 

 

 

なんだか凄く じんわりとした倖せをおぼえて

 

あったかい光を観た氣が

 

 

おまけに

 

 

道真公や天満宮にご縁ありだと感じてたので

 

出典の 梅や 『大宰府』との繋がりにびっくり

 

 

 

 

坂本八幡宮のにぎやかさはしばらく続くかな

 

 

御朱印の授与もはじまったとのことですから

 

宮司さんたち大変そう

 

 

 

 

まずは私は 書物で学びを進めるとしますか

 

 

 

エネルギーが発動するっていうのは良いことじゃないかな

 

 

この時代 人間や社会 国々 世界の平和や安寧

 

 

繁栄や幸福を祈りつつ

 

 

各々の魂が煌き 輝きをます

 

 

 

うつくしきこころの未来へ

 

 

 

令和の宇宙が共振共鳴によって彩られてゆくことを願います

 

 

 

 

 

 

季節の変わりめです

 

心身をお大事に。。。

 

 

 

価格: ¥ 35,933
ショップ: 楽天ブックス
コメント:氣のちからがよわくなり 暗い場処にいたからこそ観えた時空だった あのときから自己をいつくしむことに目覚めはじめたのかもしれない

価格: ¥ 1,296
ショップ: 楽天ブックス
コメント:いのちが 星となり 花となり 唯一の色を 香を放つよう いきる 森羅万象

| ことのは | 00:00 | comments(2) | - |

慈しみ愛する

価格: ¥ 2,500
ショップ: 楽天ブックス
コメント:おもうところがあって 両陛下にまつわる書物をえらびました 畏れ多くて読めない感覚もありつつ 別の領域では近しくかんじられる 不思議な氣持ちで手にしております

価格: ¥ 1,512
ショップ: bookfan 1号店 楽天市場店
コメント:母と娘の 愛情深い日々に わたしなりの 想いの育み方を みつめました 人としての生命に迷ったとき いつも戻っていく場処のような氣がしています

JUGEMテーマ:こころ

 

 

平成という時代のことを 語られる時季となり

 

 

自身にとってどうだったのか

 

前の時代から生きてきて 特にそこだけを意識したのではないけれど

 

 

 

平らかに成る

 

そうあってほしいとの願いをこめた 元号であったと

 

 

果たして

 

どこまでそのようであったか

 

とらえかたは人によるのかもしれない

 

 

 

 

荒んでいるのは環境なのか世界なのか

 

 

大きくみれば


なにをどうすればいいか 途方に暮れてしまう

 

 

 

 

それでも ささやかな抵抗にすぎなくても

 

 

根源はひとつひとつの命であって

 

はじまりがあるのなら

 

 

自分という ひとりからを みつめなおす

 

 

 

 

数値化されるものにも 一定の意味はあるだろう

 

ただ人間はどうしても 見える部分に氣をとられ

 

視えないものの価値を 知らずに踏みにじる

 

 

数字だけでも 言葉だけでも

 

 

わからないことがあるって

 

 

しらないわけじゃないはずなのに

 

 

 

天皇皇后両陛下のお姿を拝見するたびに

 

 

お立場が人を成すことも承知しながら

 

同時に 人 から生まれる 独自の象徴もあるのだと

 

 

このかたでなければ この歴史はなかった

 

 

人として わたしには なにができるのか

 

どのようにあれるか

 

 

いのちの それぞれの役割をあらためて 観じ

 

 

 

こどもの頃から

 

かすかな親しみ ご縁 のようなものを

 

感じていました

 

 

異なる地ならばおそらく 其処がふるさと だったでしょう

 

 

そして

 

 

離れていても だれかが在るなら

 

その土地さえも 故郷

 

 

自分自身を 慈しむことからすべてがはじまる

 

 

 

この國にうまれてよかった

 

 

 

あなたをいつくしむ わたしでいられて

 

 

 

 

 

とても 幸福な時だと 想っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ことのは | 06:30 | comments(0) | - |

遺志

楪 蒼朋
文芸社
¥ 1,296
(2009-07-01)
コメント:自らがどれほど穢れていても 愛さずにいられない そんな想いがあるのだろうか

JUGEMテーマ:こころ

 

 

ながくはいきられないとおもった

 

 

 

 

いきられたとしても

 

たましいは

 

おきざりにされるかもしれない

 

 

 

 

 

さいごにねがうものはなにか

 

 

それは

 

あなたとわたしのものがたりをつむぐこと

 

はぐくむこと

 

 

そして

 

かたちはうしなわれたとしても

 

このいのちを

 

あなたにのこしてゆくこと

 

 

 

 

 

 

わたしの

 

 

かなしいまでに

 

 

 

うつくしいひとへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

 

 

 

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

| ことのは | 16:44 | comments(0) | - |

Rose Gold

JUGEMテーマ:こころ

 

英語 得意じゃないですが 綴りまちがってないかな。。。

 

 

ローズゴールド と書くより

 

雰囲氣でるかなと

 

あくまで個人的に 表記の景色を描いてみまして

 

 

色設定としてどのあたりに位置するのかはともかく

 

 

 

 

最初視たのは 文具関連で

 

そんな色ってあるんだ と なんとなく氣になりました

 

 

並べてみるとかしないけど

 

これってアクセサリーのピンクゴールドとちがうのかな 

 

なんて思ったりもしながら

 

色自体は 意図したより綺麗で

 

派手すぎずやさしい感じだったからいいなあと

 

 

ただそのときはデザインがしっくりこなかったので

 

購入とはならなくて

 

しばらく忘れてしまっていたのです

 

 

 

 

次にであったのは腕時計

 

 

特に買おうという意識があったのではなく

 

通り過ぎようとしていたのに ふと

 

ある地点で手をとめた

 

 

 

わたしにしてはめずらしく 美しさに引っぱられ

 

 

 

見惚れてしまったというか

 

 

 

 

なにかの切り替え時 だったのでしょうか

 

 

今までとは異なる心境で

 

 

つけてみたいとおもい

 

 

 

いろんな意味であたらしい段階に移るのだと

 

 

 

色合いもすきなのですが

 

どうやら海にまつわるデザインでもあり

 

落ち着くんですね

 

 

 

 

取り扱いに まだ慣れないところはあるけれど

 

 

すこしずつ

 

 

肌になじんできている感触

 

 

 

 

 

時計屋さんといっしょにメンテナンスをしながら

 

たいせつに ていねいに

 

お付き合いしていきたいです

 

 

 

 

 

 

こういうのって 時に

 

 

自分自身をみつめなおす きっかけに なるのかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ことのは | 15:04 | comments(4) | - |

さとみさんへ

JUGEMテーマ:こころ

 

彼女をはじめにみたのはいつだったか

 

 

ふだん あまりドラマも映画も観ないから

 

さほど知っているとはいえないけど

 

 

可愛い 綺麗

 

 

そうしたことばだけでは語れない印象を どこかに

 

 

 

 

お正月に新聞で ドラマのことが書かれてあって 氣になっていた

 

その後雑誌に記事があったのをひろい読み

 

舞台が近くあるとのことで

 

 

その題材

 

タイトルを見たときにあれっとおもった

 

 

詳細を調べ

 

間違いなく

 

覚えのある 作品

 

 

彼女の希望 だったとか

 

 

 

 

作家さんとして すごく なにかをふるわせる

 

 

なんといえばいいのか

 

視る 聴く

 

よりも

 

ダイレクトに触覚にくる 氣配の

 

 

その時空があらわれる

 

 

 

 

小説は読めていない

 

ただ

 

体感できればと

 

公演情報を追跡した結果

 

 

惜しくもチケットは入手できなかった

 

 

 

彼女のファンはたくさんだろうから仕方ないな

 

 

 

石原さとみさんの 舞台 『密やかな結晶』

 

 

いつか生身の彼女にあってみたい

 

 

アナログ式の わたしはふと

 

声を届けられたらと

 

手段がわからないからここに書いてしまいました

 

 

さとみさんにとって

 

出演者や多くのかたにとって

 

なにかが視える のこる

 

つつむ 作品でありますよう

 

 

 

 

 

消してしまいたい

 

忘れたいことも ある

 

だけど

 

 

すべての記憶がのこらずにいる

 

それが普通になるのだとしたら

 

 

 

だれかをおもう氣持ちさえ育つことなく

 

 

 

あなたを 

 

 

 

消してしまいたくない

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ことのは | 14:11 | comments(0) | - |

やまない雨はない

JUGEMテーマ:独り言

 

 

倉嶋厚さんが亡くなった

 

 

あれから何年経つんだろう

 

はじめて出版という体験をして 

 

献本 できますよと話しがあり

 

 

 

 

もちろん それで読んでいただけるかは別の話で

 

 

それでも

 

機会がもてるならと

 

倉嶋さんのホームページを訪問した

 

 

 

あのころ私は身も心もぐしゃぐしゃだったから

 

倉嶋さんの 壮絶な体験のことも いくばくか耳にしていた

 

 

ただ 本心としては恐ろしくて

 

本を手にすることはできずに

 

 

 

 

十年以上にはなるのかな

 

かってに 遠くの親戚のひとみたいにも感じてたけれど

 

別れのときがくると

 

わかっていたはずなのに

 

 

あるじなき時空のむこう

 

 

もういないんだっておもったら なにか わからない氣持ちにとらわれて

 

 

 

 

いきていれば晴れの日ばかりでないことはじゅうぶん しってる

 

むしろ

 

くもりや雨の日が多いと かんじることもあるだろう

 

 

この雨はいつまで

 

小雨か大雨か 嵐になるのか

 

ひとすじの光さえみえないと どうすればいいか 途方に暮れる日も

 

 

 

 

沈黙の日々が続き

 

 

二度と声さえ あげられない

 

 

呑みこんだままの ことばを

 

 

すべて出せばいいものではないとしても

 

放たなくては なにも届かない

 

うまれもしない

 

 

 

 

 

かつて 伝えればよかったかもしれない想いがあった

 

 

なかったことにしようとした せつない氣持ちがあった

 

 

 

おなじいたみを くりかえしたくない

 

 

 

たとえ かすかな光にすぎなくても

 

霧雨の降る時空にあっても

 

 

あたたかき雫が魂をとかし

 

 

やさしい風が つつんでくれる

 

 

 

時が おとづれる

 

 

 

 

わたしは まだ見ぬあなたと はなしをするために

 

ここにいるのかもしれない

 

 

 

 

 

 

倉嶋さんの本が

 

むこうがわのせかいと

 

たいせつなひとのいきるそらと

 

宇宙をひとつにつないでいる

 

 

 

 

 

 

 

ことばが編まれて 織りなされて

 

 

物語はうまれていくんだね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

価格: ¥ 507
ショップ: 楽天ブックス
コメント:人は ときに耐え難いかなしみを背負ってしまう どんなひとでも 自身をこわしてしまう危険をはらむ けれど どうにか だれかの想い じぶんの想いに氣づきながらいきる あやうさのなかでこの本をしることができてよかった。。。 ことばを いのちをあきらめることなく

| ことのは | 16:57 | comments(0) | - |

和文 wabumi

JUGEMテーマ:独り言

 

 


しらなかったこと


地域が限られていたから新聞にも載ったのかどうか


たまたま別の件で調べものをと

日本郵便の関連ページへ行きついて



昔ほどは切手や葉書 買わなくなったから

記念切手の情報も詳しくなく

局のポスターなんかでぼんやり見るだけになってた

 

 

 

 

わぶみ かあ。。。

 

 

 

 

氣になってページを見てみると

 

全国で販売されているものではなかった

 

 

限定販売 となると

 

特殊ルートしかだめなんだ

 

ちょっとがっかり

 

 

 

 

 

はがきはとってもきれいみたい

 

手書きを意識したつくりになっているとか

 

 

その感触 たしかめたいな

 

 

もっと てがみがすきになるかもしれない

 

 

万年筆も ていねいに使いたいし

 

 

 

 

たくさんは買えないけど

 

 

 

 

 

きもちをのせたい

 

 

 

 

 

どうしようかな。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| ことのは | 11:22 | comments(2) | - |

彷徨

宮下 奈都
文藝春秋
¥ 1,620
(2015-09-11)
コメント:わたしの歩みは とても貴重な宝箱のような いまここで そっと手にとってみて とささやかれている氣になる 物語 じぶんという作品 歴史をのぞかれているみたいで震えてる 

楪 蒼朋
文芸社
¥ 1,296
(2009-07-01)
コメント:ゆるされないと だれかがいうのだとしても 止められない想いもきっとある 出逢えた それだけで もしかしたら充分 祝福され ゆるされているのかもしれない

JUGEMテーマ:本の紹介

 

 

わたしはゆるされているのだろうか

 

ゆるされたから ここに いられるのか

 

 

宮下奈都さんの 『羊と鋼の森』 に接して はじめにおもったこと

 

 

どこかでその文には遭遇していたから

 

ひかれて 読みたいと感じたのだと自覚はあった

 

ただ きちんと読めていないときにぱらっと突如眼前に飛び込んだそのページに

 

 

ゆるされた わたしがみつけたもの

 

 

なんといえばいいのかわからない けれどやはりそれは特別で

 

とても大切なものだったのだと

 

 

 

どんな宝石よりも美しい

 

 

なんにもないと かんじてたのは

 

そのことに氣づくため

 

さまよい続けた果てにようやく観えてきた

 

 

 

 

森は 近くにあったんだ

 

こわくて入れなかったり 忘れたふりをしていただけ

 

 

音楽もピアノも 消してしまうことなんてなかった

 

いきられないと思ったのは幻で

 

それがあったから あなたにも繋がった

 

 

 

ことばの 文の かすかな ささやき

 

空氣の震動 感性の振幅

 

ふたご そうして 景色の数々が

 

わたしのなかの 弦にふれる

 

 

 

 

 

なみだが わけもなく こぼれる

 

どうしてなんだろう

 

 

 

 

世代とか 感覚とか

 

共通認識なのか

 

そんなこといったら 奈都さんにおこられるのかもしれない

 

なのに

 

じぶんの せかいがかたちづくる

 

どこかのかけらを視るようで

 

 

 

 

 

 

羊 なんだなあ わたし

 

 

ぞくぞくとどきどきが ごちゃまぜになってる

 

 

こういうかんじ いつ以来だろう

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

あねさまがいきていたら

 

 

ふたご みたいな きょうだいで いられたのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ことのは | 20:43 | comments(0) | - |

負の連鎖ではなく 愛が廻っていくように

形は違っても

戦闘が起きれば多くの血が流れ


命が失われる


それが視えない何かだとしても

傷つき 心は壊れてしまう

生きる術すら奪われて




戦いを望まぬ者も 武器を持たない者も

容赦なく放りこまれ



そこに命などない モノであるかのように




虐待であれ 暴言や暴力であれ

命を脅かすものに違いはない

そこにもっともらしい言い訳を認めるなら

真相は闇に葬られ 果つることなく同じような事象が繰り返される


それによってもたらされるのは


疑心暗鬼 


悪意 


憎しみの増幅




人として生まれたのはなんのためなのか

誰もがその姿で生まれてくるとはかぎらないのに

一生そうして 負の連鎖のなかにあるのか




まっさらなこころであることはむつかしい

けれど 黒く塗りつぶされても

すべてに絶望して自らどす黒く変色するのだとしても

はじめからそうだったわけじゃない

それならまた 黒い部分をふき取る

塗りかえることだって できるかもしれない




自分が必要とする何か


自分を必要とする誰か



命と向き合う瞬間が訪れた時に

この行為は後悔のないものなのか

問いかける



愛するひとがあるのなら

自身への愛を 取り戻して




そんなものないというのなら

愛してくれたひとの笑顔を思い出して





たとえ 闇に覆われてしまっても

ほとんどが真っ黒になったとしても



片隅に 

魂の何処かにある

かすかな灯を

人でありたいと願う 純真さのかけらを信じて






ここに いたい











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  
| ことのは | 17:34 | comments(0) | - |

詩ふたつ

JUGEMテーマ:読書


本のことを調べていて 詩 にゆきつき


一瞬ぞくっとした


あまりにもうつくしくて 我を忘れ しばし見入り

なにか憑かれてしまったように



昔 ある病のひとは 透き通るような美しさがある

と耳にしたけれど

おなじころ だれかの詩のなかで

よけいなものが削がれていくと なぜこんなにうつくしいのか

そんなことも きいていたせいもあって なのか


死 というものを意識すると

恐れを感じつつも

とてつもない 美 をも 観じとってしまうことが

あるのではないかと



ほんの一瞬

刹那のいのちに凝縮される 煌き



氣づけば涙があふれ どうしようもなくなっていた


ここに在るひとも 亡きひとも

魂に混在しながら

かなしさも いとしさも しっていく




森のなかの わたしの生涯

あなたとかさなる道を歩んでゆけたらと





そうして旅立ったなら


いつか 逢いに来てください





 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 
長田 弘
クレヨンハウス
¥ 3,024
(2010-05-20)
コメント:くるしみも かなしみも わたしひとりのものではない よろこびを しあわせを あなたと分かち合えるよう このせかいで 精いっぱい

| ことのは | 14:49 | comments(2) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
blog with2

人気ブログランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村
旬の花時計
キャラメルボックス公演情報

キャラメルボックス公演情報




Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM