「なんとなく」包囲されることへの疑問

JUGEMテーマ:コラム

 

この一件に限らず いつの間にかそうなってきた

 

気付けばそうなっているというのは ありがち

 

 

違和感がある 「9月入学」の話し

 

 

議論する以前に

 

「9月入学」ありきで進んでいるのではと

 

 

 

 

有識者とされる方たちの言葉には

 

留学に有利とか 世界に対して日本が優位に立てるとか

 

 

何処か遠い場所から 

 

その方たちにとっての理想だけが語られているみたいで

 

 

現場により近い人たちの意見ってほとんど見ない

 

取り上げられてもスペースが少ない

 

 

何か 「しなきゃいけない」と呪縛されてる

 

 

学校の先生や慎重派の方々の意見だったり考えだったりに

 

耳を傾ける気があるのかなって

 

 

 

 

一人の人間に全部が網羅できる訳じゃないから

 

市民感情としてはある程度の部分

 

それぞれの分野に精通した人や専門家の言葉を参考にすることになる

 

 

といっても それが正しいかどうか

 

 

肩書(威光)をもった人の話のみが良いことなのかどうか

 

 

 

判断するのは別の領域

 

 

 

 

世界標準になることが「国際化」なんだろうか

 

 

 

 

現象や形にとらわれて 異なる視点を封印してしまうのなら

 

そこには危うさしか存在しないんじゃないかな

 

 

 

 

日本の学校 教育などのしくみにも改善点はあるのだろうけど

 

 

海外と一律には語れない特性なり事情なり だからこその側面も 有してきたのかと

 

 

 

 

制度を変えるにせよ 変えぬにせよ

 

 

子供と保護者

 

現場で働く教職員

 

学校や教育に携わるすべての人にとって

 

どうすることが最善に繋がるのか

 

 

多くの意見交換をしていただけますよう願います

 

 

 

 

 

なんらかの影響を受けないまま生きることは難しい

 

 

ただ ざわざわした感触がぬぐえないとき

 

 

 

『これは ほんとうに 自分自身が納得のうえ導き出したものなのか』

 

 

(腑に落ちるか)いま一度 問いなおす必要がありそう

 

 

 

 

 

 

| ぽつり ぽつり | 18:31 | comments(0) | - |

ただひたむきに いのちを感ずる

JUGEMテーマ:祈り

 

 

みんな どうしてるだろう

 

 

ふだんから頻繁に連絡をとる訳じゃなく 多忙なこともわかってる

 

 

仕事とか家庭とか 療養など 

 

それぞれに立場も事情も異なっていて

 

 

 

 

命にはいつかおわりがくる

 

 

時期や どんな形で なんて知る術はないから

 

どちらが先だとしても

 

 

 

 

 

見守りたいと願うことが良くて

 

のこされたくないと思うのはわがままなのか

 

 

あなたが逝ってしまったら そのとき わたしは

 

 

 

 

声に ならない想い

 

 

 

 

言葉でごまかすくらいなら

 

 

 

 

届けることがままならなくても

 

 

「わたしはここにいる」

 

 

それだけを

 

 

 

 

この命があるうちにできることをさがして

 

 

 

 

 

あえなくても

 

 

ふれられなくても

 

 

 

わたしはあなたのそばにいる

 

 

 

 

 

 

大切なあなたへ

 

 

 

感謝と ほほえみを 森羅万象に託して

 

 

 

 

 

 

| ぽつり ぽつり | 13:06 | comments(2) | - |

旅人のあしあと

価格: ¥ 1,650
ショップ: 楽天ブックス
コメント:天のあお と 地のみどり 蒼も緑も ひそやかに融け合って 時空が織られている なんだかそんな想いが湧いてきて さまざまな存在へ祈りを捧げたくなった

JUGEMテーマ:本の紹介

 

 

 

あったかくなってきたから 

 

 

なんだか あし つかって

 

大地を踏みしめたい氣分

 

 

 

草の匂いや感触がなつかしいな

 

 

 

令和の時代が来るとわかった頃 本屋さんに関連書籍が並んでいて

 

 

万葉集にも関心なかった訳じゃないんですが

 

何冊かぱらぱらとのぞいてみた結果

 

ちょっと 自分では違う感じがしたので戻してしまい(ごめんなさい)

 

 

帰り際

 

しずかに佇む氣配を察知

 

 

手にとった一冊が

 

 

 

 

その時は迷ったのと 帰宅が遅くなりそうで

 

あわてて放したものの

 

わたしのどこかに留まり続け

 

もしかしたら 呼びかけているのかしらと

 

 

何日かして 決心

 

 

 

 

 

いろんなことがあったけど

 

春に生まれてたことにも意図があって

 

つらいばかりでもなかった

 

 

 

本のあとがきに れんげ草の写真があったんです

 

 

此処になにか引力のようなものを観じ

 

 

 

 

 

蓮華草は わたしのこども時分の想い出に直結しています

 

 

とても やはらかな風景

 

わたしがわたしでいられた世界

 

 

無意識に 地球と 宇宙と一体だった

 

 

あらゆるものと繋がる入口をみせてくれたのかもしれません

 

 

 

 

その場処を 古代のひとも歩いた

 

苦しみや痛み よろこび かなしさをともに

 

 

和歌のかたちと違っても

 

わたしなりに詠うことで

 

 

旅人としての歩みを進めたいと

 

 

 

 

あなたのことを 哲学者みたいだと感じたことがあったっけ

 

 

言ったら どんな顔するだろう

 

 

いまになっておもうと 

 

自分の命や歩みをきちんと受けとめる

 

そのことに真っ直ぐなひとには

 

哲学的側面があるから

 

 

 

わたしはあなたの そうした姿に惹かれたんじゃないかって氣がする

 

 

核となるものがなければ人は生きられないもの

 

 

 

 

 

 

 

坂本八幡神社は有名になりましたね

 

 

界隈を廻りたいです

 

 

 

緑の季節だな

 

 

 

 

 

あなたに息づく景色のなかに

 

 

 

紫雲英がひろがっていたなら うれしい

 

 

 

 

 

 

微笑む花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ことのは | 17:51 | comments(2) | - |

RUBY CACAO

JUGEMテーマ:独り言

 

 

バレンタイン は特に意識はしないのだけど

 

時季になるとコーナーできますよね お店。。。。

 

 

 

 

ちらっとのぞいてはみる

 

まあ パッケージやら中身やら凝ってるなあと思いながら

 

 

たまに家人がいっしょだと 買ってみよっか になることもあるけれど

 

 

自分で買うことは ほぼ ない

 

 

 

稀にアンテナが反応すれば おためし

 

 

 

昨年 ちょいと冒険したっけ

 

 

などと想い起こしていると

 

フリーペーパー か チョコの話しが載っており

 

流行りのチョコ ですか 

 

少々 おや と目を留めて

 

 

 

ルビーチョコレート というのがあるそうな。。。。

 

 

へえ なになに どこで買えるの とのぞいてくと

 

どうやら 有名どころのお菓子屋さんとかじゃなきゃ だめなんかなって

 

 

 

 

それ こまるんですけど

 

都会人じゃないし

 

たくさんは食べない 誰かにあげるってのでも

 

いまんとこないんで

 

 

 

ちょこっとでいいんだ 味見したい

 

 

どうしよう とおもってしらべてたら

 

 

 

そのもの か よくわからんのですが

 

森永製菓の 「カレ・ド・ショコラ」 のシリーズで

 

ルビーカカオというチョコレートがあり

 

 

 

 

とにかく 興味は湧いたので入手してみようと いくつかお店をまわって

 

 

やっとこさ発見

 

 

 

 

 

パッケージきれいなのと 季節限定 なのかな

 

 

もったいなくて まだ

 

 

 

 

「カレ・ド・ショコラ」も種類いろいろだし

 

 

他社も 美味しそうなの さまざま出ていて

 

 

殊に最近 カカオにこだわった製品だったり

 

健康に留意して食べるような商品も

 

 

 

 

視界にぽこぽこ入ってくるんですね これが

 

 

なんとなく氣になっちゃって

 

 

 

 

やはらかい甘さならミルク系 なんでしょが

 

近頃はビター系を食べてみたくなってます

 

 

ただ

 

 

当然のごとく買わなきゃ食べられない とはいえ

 

どのくらいの苦さなのか想像つかないし

 

一箱だと相応の分量はいってる訳で

 

ビター度高すぎると食べきれるか疑問

 

 

 

 

 

ともあれ

 

 

ルビーカカオはじんわり ゆるやかに

 

 

堪能したいものです

 

 

 

 

 

 

| ぽつり ぽつり | 16:09 | comments(0) | - |

太陽まであと一歩

JUGEMテーマ:ありがとう

 

 

なにもしらずにいた 半年以上も経っていたなんて

 

 

ごめんなさい。。。

 

 

 

 

出会いは2003年頃までさかのぼる

 

 

きっかけってなんだったろう

 

お芝居に関心をもちはじめたのが その少し前

 

 

こわれかけた自分自身をたてなおそうと もがいていた時期だった

 

 

生きてることに疲れ果て 一時はどうなってもいいとやけっぱちになっていたのに

 

あるひとの存在が私をこの世に引き戻し

 

 

わずかな歩みを 進めようとして

 

 

ほんのちょっぴり光に向かっていたのかな

 

 

たぶん テレビのCM だったんだと

 

 

 

なぜか突如

 

強烈に観たいと感じた

 

チケットとれるのかとか

 

会場までちゃんと一人で行けるのかとか

 

この時点ではクリアすべき難題が山積していた にもかかわらず

 

どうしても実現させなくてはとひたすらに

 

 

 

そのときの舞台が 

 

演劇集団キャラメルボックスの 『太陽まであと一歩』

 

 

内容をはっきり記憶してるわけじゃない

 

ただ 観ている自分に呼びかけるなにかが

 

 

おまえは今 どこにいる

 

 

なにを視て いかに感じ 

 

 

 

何処へ向かおうとしているのかわかるか

 

 

 

自身にとって大切なものを

 

 

貴重な存在を手放してはならないと

 

 

たとえ 世間がおろかだと笑っても

 

 

真の想いを吹き消すな

 

 

 

 

 

あの世界はわたしに寄り添うようにあらわれた

 

 

 

ともされた灯

 

 

ほのかな希望がうまれ 未来をみつめる

 

 

 

 

キャラメルボックスが活動休止になっても作品はわたしのなかにあるのです

 

 

 

 

演劇だけがもつ生身のちから

 

 

背中を押した生命エネルギー

 

 

 

 

成井さんのことばと同じだったのかもしれない

 

カッコいい スマート 出来る人

 

そんな形容とは程遠く

 

躓き 転び 落っこちて

 

 

傷ばかり増えることの連続

 

 

でも ふと氣づいた

 

 

どんくさすぎて苛立つ人はしょうがないとして

 

まわりのひとは笑ってる

 

面白がるひともいる

 

 

だったらそれもいいんじゃないか

 

 

ふざけてなんかない 全力投球でそれなら 笑ってくれてかまわない

 

 

 

 

 

変な奴 のまんまです

 

 

どっかで また

 

 

 

 

 

わたわたしながら生きのびてます

 

 

 

 

 

 

なりふり構わず、一生懸命に 成井豊

(『太陽まであと一歩』の公演案内にあった成井さんの文言)

 

 

こぼれおち うしなうものだらけだとしても

 

 

 

いのちの熱さだけは つかんでいたい

| たいせつなもの | 21:07 | comments(0) | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
blog with2

人気ブログランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村
旬の花時計
オレンジリボン運動
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM