はじまりのいろ

2018.03.28 Wednesday 15:57
0

    JUGEMテーマ:ありがとう

     

     

    澄んでいる

     

     

    陽だまり

     

     

     

    神々しい

     

     

     

     

    驚くようなことばが飛び出す

     

     

    そのくらいの衝撃 だったのだ

     

     

     

    あの瞬間から

     

    せかいは色を変えた

     

     

     

     

    真っ暗だったはずの時空

     

     

    そこへ

     

     

    光が

     

     

    あなたは否応なく

     

    わたしの闇にも飛び込んで

     

    みないように

     

    きかないようにしてたことにも氣づかせた

     

     

     

     

    じぶんの殻にこもってれば傷つかない

     

    きっと楽なのかもしれなかったけど

     

    おろかなわたしは

     

    泣いても笑ってもあなたのいるせかいがいいって

     

     

    いつわりを脱ぎ捨てた

     

     

     

     

    奇麗事じゃなく

     

    汚れも澱みも

     

    くるしみもかなしみも呑みこんで

     

    浄化する

     

     

     

    透明な水になるように

     

     

    キャンバスをまっさらにするように

     

     

    まんなかにある ほんとうのわたしに還ってく

     

     

     

     

     

    あなたはどうおもってるかわからない

     

     

    わたしが馬鹿なだけかもしれない

     

     

    でも どうしても

     

    どうやってもあなたはきれいで

     

     

    うつくしい というかたちがさらりと浮かぶほど

     

     

    いるだけで

     

    とてもしあわせなきもちに包まれる

     

     

    黒と白

     

     

    同時に 闇と光

     

    その対極に あなたは存在している と映る

     

     

    ぞっとするほど魅せられて

     

     

    とらはれの身

     

    だけど

     

    たぶんわたしもおなじ

     

     

     

     

    黒も白も きらいじゃない

     

    むしろ避けてさえいた 白の 清々しさも

     

    いまは

     

    いとおしいと 感じてる

     

     

     

    どのようにも染められ

     

    逆に染まらず

     

    すべてを含んで

     

    じぶんのいろになる

     

     

     

     

     

    あなたのおかげだね

     

    わたしのいろを ふやしてくれた

     

     

     

    さあて

     

     

    どんなわたしを描こうかな

     

     

    どんなあなたに逢えるかな

     

     

     

     

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    category:うた | by:樹  itsukicomments(0) | - | -

    うつくしきもの

    2018.02.26 Monday 13:49
    0
      文芸社
      (2014-06-30)
      コメント:わたしの永遠 わたしの刹那

      JUGEMテーマ:ありがとう

       

       

      ふだんのあなたからは想像できないほど

       

       

      ひとには みえない さまざまな色がかくれてる

       

       

       

       

      目立たない おとなしい

       

      なんとなくさえないな とおもわれる

       

       

      何をやってもさまにならない

       

       

      わたしにもそんなとこばかり

       

       

      ところが

       

      ある分野 ある場面において

       

      驚くような表情を魅せる

       

       

       

       

      そういうひと いますよね

       

       

       

      女子フィギュアスケートの宮原知子さん

       

       

      努力のひとで こつこつ ちからを積み上げて

       

      演技にいかしていける

       

      ものすごい集中力をもち 粘り強さもたたえる

       

       

       

      彼女のスケーティング 

       

      舞う姿

       

       

      わたしは 好きです

       

       

      なんともいえぬ色彩を描きだして

       

      じんわりとした あかりをともしてくれるような

       

       

       

       

      ぱっと見のはなやかさとは違う

       

      秘められた情熱

       

      そこに 人間らしさを感じ

       

       

      わたしのなかの

       

      ひそやかな情愛をも覚醒させ

       

       

       

      これまでの歩みを肯定できる

       

       

       

       

      魔物はいなかった と

       

      さとちゃんは言いました

       

       

      そう

       

      魔物を生み出すのは自分自身

       

       

       

       

      恐れは 伝播するから

       

      信じることが大切だって

       

      以前 別のところで耳にしたことを思い出しました

       

       

       

       

      魔物がいても

       

      人間であり続ければいい

       

       

      闇と光を分かつことなくひとつに抱きしめればいい

       

       

       

      いのちのきらめきは

       

      そうした挫折や葛藤のうちに生まれいづるものだから

       

       

       

       

       

       

       

      彼女の舞い降りた時空はとても美しかった

       

       

      さとちゃん ありがとう

       

       

       

      わたしは これからも

       

      自身の色を創造し 解き放ってゆきます

       

       

       

       

       

       

       

       

      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村

      category:たいせつなもの | by:樹  itsukicomments(0) | - | -

      さとみさんへ

      2018.01.31 Wednesday 14:11
      0

        JUGEMテーマ:こころ

         

        彼女をはじめにみたのはいつだったか

         

         

        ふだん あまりドラマも映画も観ないから

         

        さほど知っているとはいえないけど

         

         

        可愛い 綺麗

         

         

        そうしたことばだけでは語れない印象を どこかに

         

         

         

         

        お正月に新聞で ドラマのことが書かれてあって 氣になっていた

         

        その後雑誌に記事があったのをひろい読み

         

        舞台が近くあるとのことで

         

         

        その題材

         

        タイトルを見たときにあれっとおもった

         

         

        詳細を調べ

         

        間違いなく

         

        覚えのある 作品

         

         

        彼女の希望 だったとか

         

         

         

         

        作家さんとして すごく なにかをふるわせる

         

         

        なんといえばいいのか

         

        視る 聴く

         

        よりも

         

        ダイレクトに触覚にくる 氣配の

         

         

        その時空があらわれる

         

         

         

         

        小説は読めていない

         

        ただ

         

        体感できればと

         

        公演情報を追跡した結果

         

         

        惜しくもチケットは入手できなかった

         

         

         

        彼女のファンはたくさんだろうから仕方ないな

         

         

         

        石原さとみさんの 舞台 『密やかな結晶』

         

         

        いつか生身の彼女にあってみたい

         

         

        アナログ式の わたしはふと

         

        声を届けられたらと

         

        手段がわからないからここに書いてしまいました

         

         

        さとみさんにとって

         

        出演者や多くのかたにとって

         

        なにかが視える のこる

         

        つつむ 作品でありますよう

         

         

         

         

         

        消してしまいたい

         

        忘れたいことも ある

         

        だけど

         

         

        すべての記憶がのこらずにいる

         

        それが普通になるのだとしたら

         

         

         

        だれかをおもう氣持ちさえ育つことなく

         

         

         

        あなたを 

         

         

         

        消してしまいたくない

         

         

         

         

         

         

         

        ブログランキング・にほんブログ村へ
        にほんブログ村

        category:ことのは | by:樹  itsukicomments(0) | - | -

        泣いて笑って

        2017.12.27 Wednesday 14:40
        0

          JUGEMテーマ:こころ

           

           

           

          きちんと観ているのではないけれど

           

          時々 朝の連続ドラマ 

           

          NHKの ですね。。。

           

           

          笑い というテーマに意識が向く

           

           

          強烈すぎると関西弁もケンカしてるみたいに聴こえてしまう

           

          とはいえ なんとなく ええもんやなと

           

          いつのころからか

           

           

           

           

          人をおとしめる ふざけた笑いは嫌いやけど

           

          ほんまのおもろい たのしませる芸としての笑い

           

           

          そういうの

           

          はじめに感じたんは小学生のとき

           

           

          担任の先生が落研(おちけん)出身だった関係で

           

          落語を披露してくださり

           

          どういうものかよくわからないのに

           

          思わず笑ってしまった記憶がある

           

           

          なんか とにかくたのしい 理屈抜きで

           

          話術とか芸風とかあるんかも としても

           

          あんなふうに笑えるせかいがあるんだあって

           

          びっくりした

           

           

          ぽんっと 異次元に連れてかれるかんじ

           

           

           

          あのころやっと ともだちができたり

           

          先生とやりとりもするようになって

           

          すこしずつ たのしいってきもちがわかりはじめてた

           

           

          あんまり 笑えてなかったんだ

           

           

          こころから うれしいとおもえてなかったのかな

           

           

          だから わらうって ほんとにいいなあと

           

          特にこの十何年

           

          。。。かれこれ二十年くらい だろうか

           

           

           

          せつないほど しみてきてる

           

           

           

          笑顔でいてくれる 

           

          微笑んでくれてるのをみる

           

          どこかでかんじるだけで

           

           

           

           

           

          しあわせって 案外

           

          ちかくにある

           

           

           

          笑顔でいてほしい相手

           

           

          存在そのものが 救いとなり

           

           

          同時に

           

           

          じぶんもいっしょになって笑ってる

           

           

           

           

          みんな

           

          だれかと笑いあいたい

           

          しあわせを育てたい

           

          そうねがっていきている

           

           

          なんかね てんちゃんを笑わしたるって

           

           

          藤吉さんがおもい続けるきもちがうらやましいというか

           

           

          わたしもそうだったのかなって

           

           

          いろんなこと おもってた

           

           

           

           

           

          ただただ

           

          笑わせたかった

           

          道化のじぶんでもかまわない

           

          あなたに

           

          笑っていてほしかった

           

           

           

          いたくても くるしくても

           

           

          かなしくても

           

           

          あなたがいてくれたら 十分

           

           

           

          だって そのぶん

           

          よろこびはふかく

           

          ひろがってゆくのだから

           

           

           

           

           

           

          この時空に

           

           

           

          愛と光が灯されてゆきますように

           

           

           

           

           

           

           

           

          ブログランキング・にほんブログ村へ
          にほんブログ村

          価格: ¥ 1,296
          ショップ: 楽天ブックス
          コメント:ひとりからはじまり ふたりとなり 魂に 花に 星に あかりがともる

          category:しあわせ | by:樹  itsukicomments(0) | - | -

          しあわせ と きらめき

          2017.11.29 Wednesday 18:12
          0

            JUGEMテーマ:こころ

             

             

            新聞の 特集記事 だったかな

             

             

            たぶん

             

            女性でも のみやすい お酒のはなし

             

             

             

             

            何かおもいだして調べた

             

             

            前にすすめられたことのあるお酒

             

             

             

             

            あのときは贈答用にしたんだけど 今度は

             

             

             

             

             

            ことほぐ

             

             

             

            じぶんを祝福するような氣持ちで

             

             

            お店のかたにお願いした

             

             

             

            ほんのりあたたかみの きいろ

             

             

            ふんわり やはらかなピンク

             

             

             

            ラベルや 雰囲氣が愛らしく

             

            そうっとてのひらで包んでみる

             

             

             

             

            のんじゃうのがもったいないくらい 

             

             

            なあんて

             

             

             

             

             

            クリスマスやお正月に活躍しそう

             

             

             

             

            つくってくださったみなさまに

             

            注文時に こちらの要望におこたえくださったかたに

             

            発送にかかわったひとたちに

             

             

            感謝です

             

             

            届けていただけてうれしい

             

             

             

            冬模様に春が舞い降りた やさしい景色

             

             

             

             

             

             

            一ノ蔵の 幸せの黄色いすず音と 花めくすず音

             

             

             

            ちりちりと 可愛い音色がきこえてきそうです

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ブログランキング・にほんブログ村へ
            にほんブログ村

            category:ぽつり ぽつり | by:樹  itsukicomments(0) | - | -

            PR
            Calender
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << March 2018 >>
            Live Moon
            にほんブログ村
            日本HP Tord Boontje ブログパーツ
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM